会社を辞めるということ

まとめ

【4月】退職して10か月遊んでみた感想 

4月は、年度の始まり月。お正月と同じように、気持ちを新たにしたり、新しいことを始めるのにもいい時期ですね。私もいろいろなことを始めました。
会社を辞めるということ

会社の評価制度について考えたこと

「ADDress多拠点生活 宇城(熊本)宇城の夜、ふたつ、自分なりの答えを見つけた。その②仕事編。」というブログの「会社の評価制度」について書いた部分を整理して、改稿しました。新しい内容ではありません。
会社を辞めるということ

会社を辞めるということ 無職の嗜み 各論4 働いていない罪悪感との闘いは「絶対出世払いする」という自分との約束で乗り切る 

私はADDressでの生活をはじめて、思いのほか楽しく暮らしています。毎日、こんなに楽しくていいのかなあ。と思っています。でも、時々、「働いていない自分」に対して、なんとなく後ろめたい気持ちになることもあります。
ADDress 生活のTIPS

会社を辞めるということ 無職の嗜み 各論3 新しいコミュニティをみつける。 ADDressやオンラインサロンの魅力について考えてみた。

無職になったら必要なもの。それは新しいコミュニティです。会社が与えてくれていたもの、会社を辞めて失ったものを整理したうえで、私が新たなコミュニティとして選んだADDressやオンラインサロンについて、整理しておきたいと思います。
High & Low

会社を辞めるということ 無職の嗜み 各論2 「ごちそうしてもらうこと」を受け入れる。

最近、人からごちそうしてもらうこととについて、どうしたものか・・悩んでいました。悩んだ時には、自分軸をしっかり決めておく。ということが必要だなと思ったので、考えをまとめてみました。
チャレンジ

会社を辞めるということ。無職の嗜み。概論。

辞書を見ると、「嗜み」にはいろいろな意味があるようですが、ここでは嗜みを平常の心がけとして、メモを残しておきたいと思います。無職の期間をもっと楽しむために、無職の嗜みとして必要なことを気づいたときにメモしておきます。
English

会社を辞めるということ。できた時間で何をする? 英語学習 茨の道。

会社を辞めることになり、英語学習について考えました。実際のところ、会社を辞めてしまえば英語は実質的には必要なくなります。だから、苦手で茨の道、そして語学習得が向いていないと感じているなら、止めてしまったほうがいいに決まっていますが、時間があるときこそ、苦手なことに時間をかけて取り組むことができるのでは?と思いました。
会社を辞めるということ

会社を辞めるということ。仕事してるから時間がない、は嘘だった。

仕事をしていた時と辞めたあと。生活時間はどのように変わったでしょうか。仕事を辞めて約2か月。驚いたことに、全然時間が足りません。今後のことを考えるにあたって、まず、仕事をしていた頃の生活と、今の生活を比較してみたいと思います。
会社を辞めるということ

住むところ ADDressとの出会い。

ADDressという月4万円で住み放題!というサービスを見つけました。
会社を辞めるということ

会社を辞めるということ。決めたら、いろいろなことが動き出す。

会社を辞めることを決めたタイミングで次に住む家を探したり、いろいろなことを整理したり、なんだか急に忙しくなり始めました。考えを巡らせていると、いろいろな情報が飛び込んできて、いろいろなことが動き出します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました