ADDress多拠点生活 阿字ヶ浦(茨城) 昭和レトロとハワイ級のリゾート感を楽しめる場所

不思議な場所、阿字ヶ浦。4日間滞在しましたが、私は、また行きたいなと思える場所でした。ちょっとマニアックな場所なのかもしれないし、車がない私には、不便な場所でもありました。

振り返ると、昭和レトロな風貌の人たち。40年前の若者と同じ姿の若者が、ヒョウ柄の服を着て、海辺でタバコを吸っている。

ここはいったいどこなの。今はいったいいつなの?

時が変わって朝。起きたら海と朝陽。歩いて1分で砂浜。机で書きものをしていて、ふと目を挙げると目の前は海。

疲れたら、窓を開けてそこから海へ。長い長い海岸を裸足で歩く。ひんやりとした海水に足をくぐらせる。なんて気持ちがいいんだろう。なんて贅沢なんだろう。別にもうハワイとか行かなくてもいいんじゃないかなあ。

毎日、毎日飽きずに海を裸足で歩きました。

4日間を振り返ります。

阿字ヶ浦へのアクセス

阿字ヶ浦へは大洗の拠点から行きました。

大洗から阿字ヶ浦は、距離的には近いのですが、電車でのアクセスは水戸を経由するため遠回りです。ということでバスが便利です。

大洗の拠点の近くに「エコス前」というバス停があり、そこから那珂湊の駅までの便があります。しかしながらのこのバスは1時間に1本しかない故に、バスなので、いろいろなところを経由し、車なら10分~15分のところをその倍くらいの時間がかかります。

そして料金も420円もかかるので、タクシーを使ってもいいかもしれません。

エコス前 - 那珂湊駅 行きたいところ一覧検索 | 茨城交通

那珂湊からはひたちなか海浜鉄道に乗って終着駅が阿字ヶ浦です。(これも1時間に1本くらいしかありません)レトロでかわいい駅と電車。

*バス、電車ともにICカードは使えません。(2021年5月現在)

ひたちなか海浜鉄道株式会社
日、出づる道。

宿泊した場所

宿泊したのは、阿字ヶ浦クラブという提携拠点です。

阿字ヶ浦クラブは、もともとは団体利用(スポーツや音楽などの合宿など)の施設だったようです。年々、こういう合宿というのは少なくなっているので、現在はほかの利用者がいないようです。ADDressの部屋も1つなので、ものすごく大きい施設、大きな部屋(16畳)の部屋に一人で泊まり、大浴場も一人で利用、というちょっと申し訳ないような感じがします。外装、内装ともに昭和のテイストで、まるで時が止まったかよう。

ともすると、「古い」感じがしてしまう阿字ヶ浦クラブですが、私はずっと「いるかホテル」ってこんな感じのホテルだったのかな。と思いながら過ごしました。

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫) | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで村上 春樹のダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。村上 春樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫) | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで村上 春樹のダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。村上 春樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

いるかホテル、ご存じない方はぜひこちらの小説をお読みください。(私は村上春樹さんの小説の中でこれが一番好きです)

そして素晴らしいのは目の前が海だということ。終日波の音に包まれて、気が向いたらすぐに海に行ける。あの絶景を独り占めできるなんて、贅沢な拠点です。

阿字ヶ浦クラブ | 観光いばらき
ネモフィラが話題の国営ひたち海浜公園や、偕楽園、筑波山、袋田の滝など人気の観光スポット。常陸牛や納豆、あんこう鍋などのご当地グルメ。各地の温泉やホテル旅館などなど、ランキングでははかれない魅力の数々を茨城県公式観光サイトがご紹介します。

メイントピック

阿字ヶ浦ビーチ

約1.2㎞に渡り弧を描く海岸。茨城でも1・2位を争う人気のビーチだそうです。砂浜が美しくて、裸足で散歩の2㎞。ちょうどいい距離です。

国営ひたち海浜公園

阿字ヶ浦Aの拠点から、国営ひたち海浜公園までは、歩いて1時間弱かかります。私はできるだけ、毎日1万歩を歩くことにしています。多拠点生活をしていると、新しい場所が物珍しく、歩くことは「トレーニング」ではなく、「遊び」になるので、すごくいいと思っています。

ひたち海浜公園は広さ350ヘクタール、東京ディズニーランドの5倍の広さを誇る巨大な公園です。

ネモフィラの花が有名で、見ごろは過ぎてしまいましたが、他にもいろいろなお花が咲いていました。四季折々いろいろなお花を楽しめるようです。

何しろ広大な敷地なので、気持ちがのびのびします。自転車をレンタルして、園内を巡ると楽しいです。

この公園内ではFree Wifiがあるので、エクストリームワーケーションにも最適です。

国営ひたち海浜公園 – 海と空と緑がともだち。ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある国営公園です。

おまけの情報

那珂湊おさかな市場

大洗の拠点でご一緒した会員さんが、阿字ヶ浦B邸に宿泊していたので、一緒にご飯を食べに行きました。お魚の煮つけ定食にしようか、お刺身にしようか・・と迷っていたら、おススメの定食には両方ついているということ!

すごいボリュームで1,200円でした。

今時、こういう市場は、観光地化されすぎて、値段も高く、地元の方は実際には利用していない、というような場所が多いのですが、この那珂湊のお魚市場は、観光客もローカルの人も混ざって、平日でも大混雑の市場でした。

ここはお買いものもすごく楽しいのですが、阿字ヶ浦では自炊ができないので、詳しくは、大洗のことを書くときにします。

那珂湊おさかな市場
那珂湊漁港前に11店舗が軒を連ねる「那珂湊おさかな市場」。旬の魚介類、那珂湊や近海で漁れる地魚を豊富に取り揃えています。お食事処やおみやげ屋さん、たくさんの楽しいお店が集まっています。

まとめ

阿字ヶ浦。また名を知らぬ土地に来て、新しい発見がたくさんありました。梅雨時期だったので4日間の滞在でしたがラッキーなことに全日晴天が続いていました。

夏に来たらもっとレジャーの人がたくさんいるのでしょうね。家族連れにいい拠点。私はちょうどいい時に来たのかもしれない。

今夜もよい夢を見られますように。

コメント

  1. 朝日が眺められそうですね。
    茨城県は旅した事がないので行ってみたいです。緊急事態宣言で旅行を取りやめているので、アドレス生活のブログを毎回楽しんでいます。

    • めーさん、こんにちは。ブログを楽しみにしてくださってありがとうございます!茨城県はとてもいいところです。私は緊急事態宣言が出ているところを避けて生活しているので、東京に全然戻れていません。東京が恋しいです。

タイトルとURLをコピーしました